百景楼-海の別荘

 撮影:鈴木喜一(注記以外)
 


サンルームの夜景

RCに固定された木軸にアルミサッシを取り付けたカーテンウォールです。


○△□
 

○は寝室のラウンジコーナー、△はサンルーム、□の部分は露天風呂です。

△は中央に大室山、左手に手石島、右に小室山が見えることより3方の方向性のある形を考えました。

吹き抜け大開口としたのは、海よりの斜面に位置し、横だけでなく縦の景色も取り入れるためです。

1階のRC造は背部擁壁の防災安全対策です。
また、3台のビルトインガレージと2階在来浴室を可能としました。

 

 
 
眺望を取り込む

1階がRC造のため耐力壁が軽減され大きな開口が可能となりました。

内部からアルミサッシ枠が見えない納まりです。

 

 赤い太鼓橋の先はルーフガーデンと露天風呂。 左手に手石島、右手に大室山が見えます。
 

 



 撮影:TAM
 

 小室山が見えます。 撮影:TAM
 

 
サンルームを見下ろす
 

 


サンルーム
 

内部からはアルミサッシが見えない納まりです。
 

赤・青・黄色

 

表現する床の間


床の間は夜の浜辺を表現しました。漆黒の浜辺、金紙は月、銀糸は夜空です。月に照らされる書院棚の雲、障子は浜に打ち寄せる波です。

 

 


寝室のラウンジコーナー

開放感、浮遊感のある○の出窓コーナーです。

景色を望む寛ぎの場所です。

窓の曲がりが浜辺の曲がりに呼応します。

 
 
ジャグジーと露天風呂



ジャグジーよりの視界を妨げぬように露天風呂床面を下げています。