木造耐火構造でつくる下町の住まい

 撮影:加藤忠雄 (注記以外)
 


製作木製扉


下町の玄関は木製の引戸が似合います。延焼ライン外にあれは設置可能です。

防犯ガラス、2重ロックです。
撮影:TAM

 


景観住宅


下町の雰囲気をもつ住まいです。

景観に合った形態、素材、色彩と懐かしさを感じさせるディテールとしました。

耐火構造を木造としているため、躯体や基礎にかかる費用が抑えられます。
SE構法としたために耐震2等級でもほとんど外壁が構造壁で間仕切りは自由になりました。

撮影:TAM

 


玄関・ホール
 

左官塗壁はスイス漆喰、床はウォールナットです。
落ち着いた雰囲気としました。


 


階段ホール
 

 
 


光を送る階段


段板が木の耐火構造の鉄骨階段です。

蹴込部分を無くし、階下にトップライトからの光を送ります。
 


ダイニング家具のコーディネー


家具は生活を楽しくします。

毎日使うものだからこだわっていただきたいと考えております。 
撮影:TAM

 


造り付けベンチ 

幅3m、奥行90cmのベンチです。

座ったり、寝転んだり自在に使用出来ます。


カーテンはウイリアム・モリス。クッションも合わせてつくりました。
撮影:TAM

 


シアタールームを見る


 


製作キッチン
  

好ましく、使いやすい寸法、素材、器具。持ち込みや計画に合わせた収納。全てが、自分たちに合ったかたちになります。

水回りは水に強いコルクタイルをお薦めしています。

ダイニングスペース

 


寝室・書斎
 
 


壁塗りDIYの子供室
 
 


月桃紙、七島藺草と漆喰の寝室
 
 

 
桐の和装収納
 

桐の和装棚、襖戸の奥に全身鏡を設けました。