里山の民家-古材再生


景観住宅

蔵と庭のある住まいの母屋の改築です。

地域一帯の里山が散策コースとして修景され、景観に溶け込む民家として、旧家屋の古材を出来るだけ利用した住まいづくりとしました。

 

 散策路のアイストップとなる景観は大きく見えぬように建物を凸凹させ、坪庭の緑を見せます。 
 

 再生利用大黒柱のある玄関ホールより室内側を見る
 撮影:齋藤貞幸
 




ストーブのある土間


土間の小上がりに囲炉裏があったように、気軽に使え、畑作業の休憩にもなるストーブコーナーを設けました。

ストーブ炉台の石、座敷の靴脱石は根府川石です。真鶴の砕石場でクライアント・施工者とともに見て購入しました。

敷石や外構の石も根府川石です。

 


トイレのある玄関

正面右手は洗面、トイレ入口です。トイレは外部からも使用出来ます。

正面左手入口はクロークです。階段下に出ます。

階段上部のオープンスペースは遊戯室です。
 

 
古材利用

土間の棟を支える2本の通し柱と上り框は古材を利用しています。

土間の製作ペンダント照明のホルダーも古材の欅を使用しました。

古材利用の座敷

床柱や欅の古材を利用、力強い古材に負けぬ材料で、引き締まった空間を演出しました。書院窓も再生利用です。

 

リビング・ダイニング 
  撮影:齋藤貞幸
 
 
簀戸のリビング

リビング、ダイニングの開口部はガラス戸、簀戸、障子戸の引込み戸です。チークの製作家具と床、白木の開口造作が調度良い落ち着きとなりました。

 

 

 


ダイニングより障子戸のリビングを見る

リビングとは間仕切りで仕切られます。
右手がキッチンです。



 


洋室
 

床はサイプレス、壁、天井は椹です


 

和室
 

琉球畳、月桃紙の襖、床の間壁は漆和紙、床の間板は古材再生欅板です。
 
 


バスコートのある浴室

青森ヒバの浴室です。
床材には麦飯石を使用し、自然が持つ腐朽、抗菌などの作用に着目しました。

   
バスコート

ハードウッドでデッキ、塀をつくりました。
ベンチは端材での即興製作です。

ささっと作っていただけました。
現場監理で出来ることの一つです。




古材再生-生家の古材。想いも残ります。

 古材は出来るだけ原型を残しました。 古材柱上端部の納まりです。
旧家屋の木拾い時にこの部分を活かそうと考えました。
 古材の鴨居、長押の跡です。
     
 旧家屋の床柱設置状況です。  旧家屋の設置状況です。  大黒柱下部です。鴨居長押があります。
   

製作家具
キッチン収納-野菜庫は背面もガラリ付  キッチン収納-カトラリー入、炊飯器台  クローゼット-桐の引出
     
 製作ペンダント  戸棚  古材利用の契
     
 
製作建具

 フルオープン  ガラス戸 遮熱複層・防犯ガラス  簀戸・障子戸