住まう楽しみ


地形を利用

開発分譲地の高低差のある2段のひな壇敷地です。

眺望と敷地の有効利用を考え、建物はひな壇上に配置、敷地東側の崖の開発法面を活かした造園を行い、建物と庭を連続性させました。

 

 回遊性のある庭となっています。茶事を行なうため、庭を露地空間としています。  
 

 既存敷地段差を利用した駐車場です。内部で建物につながります。正面左側が門扉です。表札、門灯はクライアントの手づくりです。
 

 門扉から入った出迎えの庭で左玄関、手前勝手口につながります。
 


景色を取り込む

前面に広がる景色との一体感をだすために、フルオープン(木製引込戸)の大開口としました。

広いバルコニー越しに、庭の近景、借景が広がります。




BBQパーティの出来るリビングデッキ

大勢でのパーティが出来るリビングデッキです。


フルオープンの開口で床の段差はほとんどないため、内部と一体として利用出来ます。

 


暖炉のあるリビング

暖炉がリビングとダイニングの仕切りとなっています。

珪藻土の壁、床はチークの落ち着いた空間です。暖炉廻りの壁塗りはDIYです。

 


和室(茶室)

茶事ができる和室です。縁側部に水屋を設けました。
庭が露地空間となり、茶会を行います。

畳:備後表本畳、天井:秋田杉竿縁、壁:黄土、障子・襖:手漉き

 

 

緑を替えて楽しむ浴室 


バスコートのある浴室です。
枕木を組んで鉢物を載せています。
緑を替えて楽しめます。

浴槽はジャクソンの気泡バスです。

   
庭を楽しむ 


造園家とともに庭を提案します。
内外部の空間づくりが私どもの仕事です。